louis vuitton tv

焼酎の買取louis vuitton tv

人気の焼酎・新旧問わず買取ります。louis vuitton tv

焼酎買取では人気の焼酎は新旧問わず高価買取いたしております。焼酎買取の分野ではすでに生産中止になった焼酎の 買取から、現行でも高級焼酎である、森伊蔵や魔王、佐藤、萬膳などの焼酎も高く買取いたします。bags

高価買取中の人気プレミアム焼酎はこちら!louis vuitton key

焼酎とはbags

日本独自の生んだお酒で、米・麦・ソバ・サツマイモ・麦などを主な原材料を麹でで糖化もしくは発酵させ、蒸留したものである。元々タイから伝えられたとされている蒸留の技術ですが、それと同時期に沖縄、又は九州当たりに焼酎は伝えられたと言われています。年代は定かではない様ですが、どうやら14世紀頃ではないかと考えられています。m93542

日本での焼酎の始まりm95870h

麦焼酎louis vuitton tv

麦焼酎とは名前が示す通り麦麹・麦を使用した本格焼酎の総称で、その歴史は大変古く江戸時代以前より親しまれていました。ただ現在のようにあまり一般的とはいえませんでした。なぜなら近年までの話ですが、麦から造った焼酎は、大変個性が強く、口当たりが御世辞にも良いとは言えなかったからです。ただ1960年代位からはその頃からは製造技術も格段に上がり、新しい蒸留法と貯蔵法の技術変革により、現在のような口当たりの良い麦焼酎が出てからは大変人気を集めています。bags

大きく分けると麦焼酎の生産地には、長崎県壱岐島と大分県の二つに大きく分かれます。特に壱岐島で生産された麦焼酎は現在でも7つの蔵によって厳格な製造方法を守って造られています。

焼酎昔話m93542

室町時代の遺跡あとから発見された、木片に「ここの主人は大変ケチで、一度も焼酎を飲ませて貰えなかった」と言う文面が見つかり、室町時代には広く庶民にも親しまれていた事が伺えます。ただ現在のようにイモ類がまだ一般的(さつま芋もまだ伝っていない時代です。)では無かったため主な原材料は米だったようです。佐賀県や熊本県や長崎県では、荒木酒、荒気酒とも呼ばれていたと言う記述もあります。

人気の焼酎高価買取bags

値段の安い高いに限らず人気の焼酎と言えば、やはりJINROや霧島、ナポレオンなどが有名です。他にも神の河・兼八・閻魔月の女神・絆・金計佐など数えればきりがないほど有名焼酎が目白押しです。最近プレミヤが付いて中々手に入りずらい焼酎と言えば、やはり森伊蔵に魔王、伊佐美や村尾に櫻井なんて言うのもあります。焼酎買取とあ酒買取のエコライフ蔵集めではお手頃価格の焼酎からプレミアム高級焼酎まで様々な焼酎を高価買取中です。

人気のプレミアム焼酎bags

伊佐美bags

元祖、プレミア焼酎と呼ばれているのがこの伊佐美。ある政治家だか財界人の人だかが、伊佐美は旨い!とコメントした事がブームの発端だと言われていますが現在は比較的簡単に手に入るそうです。日の丸に桜の柄の入った少々派手なラベルが目印。鹿児島の芋焼酎で、コガネセンガンを原料とした米麹。アルコール度数25%の焼酎。蔵元は明治32年創業の甲斐商店。伊佐美市に蔵元の甲斐商店があるため命名された。

森伊蔵m95870h

有機栽培された鹿児島産のさつま芋を伝統的な焼酎の製造方法のひとつである、かめつぼ仕込みによって生産されている芋焼酎は若干臭みがあるため苦手の人が多いと言われていますが、森伊蔵は芳醇な香りとそのまろやかな口当たりの良さから大変人気のある焼酎です。蔵元は鹿児島県垂水市の森伊蔵酒造で、今の名前は4代目当主の名前から取られている事は有名な話です。毎月抽選でしか購入する事が困難と言われている現在でも人気の焼酎です。

佐藤louis vuitton key

鹿児島の佐藤酒造が蔵元の人気の焼酎、佐藤。さつま芋・米麹の焼酎で、香ばしい風味でありながら、その豪快な切り口が人気です。軟水系の仕込み水から作られていますので、透明感のあるやや甘口の焼酎は女性にも人気があります。アルコール度数は25度。ちなみに佐藤には黒(黒麹)と白(白麹)があります。飲み口はやや甘口で独特な口当たりが特徴です。
又佐藤酒造には他にも人気の銘柄があり、他のプレミアム焼酎と並び大変人気があります。

魔王m93542

鹿児島県にある白玉醸造が製造しているプレミアム焼酎。昔は貯蔵熟成焼酎でしたが現在は違います。特殊な製造法により旨みを凝縮したエキスが芋焼酎独特の風合いが更に飲みやすくなっているのも魔王の特徴の1つとも言えます。白玉醸造は大隅半島に明治37年に創業。清酒に使用する「黄麹菌」を使ったまろやかな風味は女性にも飲みやすく人気となっていますが、プレミアム焼酎のひとつとして入手困難です。

萬膳

1922年に鹿児島で創業された万膳酒造だが、先代が廃業したためしばらく休業中だった酒蔵を息子さんが再開したのが1999年と言うから酒蔵にしては比較的新しいと言えます。しかしながらその焼酎作りの情熱で作られた、萬膳と萬膳庵は多くのファンを魅了しています。黄金千貫のさつま芋と黒麹を原材料とし度数は25度。

村尾

村尾酒造は鹿児島の川内市にある酒造所です。拘りぬいた技法と原材料選びは国内でも高い評価を受けています。さつま芋の一種である金千貫と白豊、米麹(黒麹)で作られている25度の芋焼酎。仕込み、蒸留、ろ過・割り水などいくつもの工程を経て造られます。通常は5人以上必要な焼酎造りをすべて1人で行う徹底したこだわりから生まれる村尾は他には無い、なんとも言えないまろやかでスッキリとした味わいで人気です。村尾は特にプレミアム度が高く入手困難ですが、もうひとつの銘柄、薩摩茶屋は比較的入手しやすいです。

月の中

宮崎県の宮崎市三財地区は月中にある岩倉酒造場は、岩倉さんが家族で作っている小さな酒造です。原材料の仕込みから瓶詰めに至るまですべて手作業で行われているこだわりの芋焼酎です。手作りのため生産数が限られるため中々手に入りずらく、中にはプレミアム価格で売られている物も少なくありません。透明感のあるやさしい口当たりは多くのファンを魅了しています。

古八幡

鹿児島県川辺郡にある高良酒造。古八幡は37度と少々強めの焼酎ながら、旨みが淑やかな甘味が訪れる感じながら中々力強い飲み口。杜氏は高良武信さんで原料はサツマイモと米麹。黒麹造りです。偶然にも生まれた長期熟成型焼酎ですが、現在も多くのファンを魅了し続けています。高良酒造は明治40年創業と歴史は古く現在の杜氏は4代目。ただ現在は古八幡は生産されておらず幻の1品とされ、かなりのプレミアム価格が付いています。

はちまんろこせず

古八幡に続く高良酒造さんの名品、はちまんろこせず。飲み口の心地よい焼酎が人気を博している。濾過によりフーゼル油とか雑味成分が除くための作業ですが、同時に芋本来の旨みと言うか癖が軽減されます。焼酎好きの中にはあの芋臭さを好む通な方も沢山います。この”はちまんろこせず”は名前が示す通り、普通のろ過を施さない(濾過を最小限にした)ためかなり深いコクがでています。ふくよかで芳醇な薫りに包まれ、重厚でまったりとした味わいの中に甘味が引き立ちコクがあるためロックで飲むよりはもう少し小さめなショツトでちびりと行き味を楽しむと言った感じです。

無濾過純黒

はちまんろこせずと同じく濾過を最小限に抑えて造られている通好みの1品。酒造地は鹿児島県の山川町にある田村合名会社。明治30年創業で現在の杜氏は4代目。地元産の黄金千貫と最高の原料を使用した焼酎は地元のみならず、国内で高い評価を受けている。特に黒麹仕込みの特別限定芋焼酎である無濾過純黒は酒屋ですんなり購入する事はまれな希少価値があるプレミアム焼酎の1つです。

蝙蝠

このなにやらおどろおどろしい名前の焼酎は知る人ぞ知る名品!鹿児島の曽於市大隅町にある結構大きな酒造元が生産。黄金千貫の両へたを切ってしまい残りの部分で造られるなんとも贅沢な焼酎。へたが無い分、匂いがきつくない綺麗な仕上がりで、飲み口も軽く、風味豊かで高級感のある飲み口ながら黒麹独特の骨太の味わいもしっかりと残っているなんとも贅沢な焼酎。

川越

宮崎県東諸県郡国富町にある蔵元。杜氏の川越 善博氏は焼酎にたいする研究で知られる。特に常圧蒸留機の圧力・温度の上げ下げにこだわった本格芋焼酎を造っている。家族だけで製造している小さな蔵元ながらその味に魅了された多くのファンを持つ。原材料は地元産の黄金千貫。

珍多羅

鹿児島県いちき串木野の白石酒造の名品珍多羅。原材料 にさつま芋・こめ麹を使用したアルコール度数45度と少々きつめ。酎を蒸留する際に最初に出てくる初留垂れ部分を取り出し瓶詰めした物で、焼酎の旨み成分が多く含まれている部分のみを抽出した焼酎と言えます。チョコレートの様な甘い香りが特徴で普通の焼酎とは一味も二味も違います。

富乃宝山

鹿児島県日置郡吹上町にある西酒造が造る本格芋焼酎。地場産の黄金千貫に黄麹が原材料。蔵元である西酒造は弘化2年(1845年)創業、160年余りの歴史を持つ大変古い蔵元。製法は「三段仕込み」。通常は、米麹に二段に分けて芋を仕込むが、これは三回に分けて丁寧に仕込み、発酵はゆっくりと行われる。また、芋の割合が通常よりも多い事も特徴。芋の割合が多い分芋のトロみ感が非常にでていて、無濾過っぽく仕上がっています。味の壊れを抑え、黒糖でスッキリと整えた飲み口が軽やかな一品です。

真鶴

1922年に鹿児島で創業された万膳酒造の銘柄。原材料はさつまいも・米麹。黒麹特有の香りが非常に強く飲み口はまったりとした印象。ラベルには水平線を昇ってくる太陽が中心に描かれ、銘柄名を象徴する鶴、そして鶴につきものの松が描かれています。「真鶴」という銘柄は、万膳酒造さんの先代が造っていた焼酎の銘柄だそうです。先代が無くなってからは、しばらく蔵が途絶え、他の蔵に造ってもらって、販売していたそうです。1999年に、万膳酒造さんが再興され、年に一度だけの限定酒として復活した。中には数十万円で取引されている幻の1品も存在するほど人気の銘柄です。

鳥飼

熊本県人吉市で400年の歴史を持つ蔵元。研究に全てを注ぎ込み13年の歳月の後に焼酎の固定観念を覆す、吟香「鳥飼」を発売するもあまり認められなかったが96年にはモンドセレクションで特別賞を受賞。焼酎でありながら、吟醸酒のように華やかな香りを持つ世界でも認められたワールドクラスの米焼酎と言えます。軽い飲み口で爽やかな香りが口の中に広がります。今までになかった鳥飼の味わいは他の焼酎にはないエレガントな風味です。

なかむら

むろや(麹屋)やモロ蓋(麹蓋)を使用し、麹を造る純手造りの焼酎づくりが特徴。酒造りにとって大切な水は霧島連峰の伏流水である良質の地下水を汲み上げ仕込みや割水に使用。手造り麹で仕込み、昔ながらの「大ガメ」でゆっくり時間をかけ、発酵させ、2次仕込みにかかる。そのため、芋本来の香りと甘味が焼酎に活かされ、甘口で深みのある味が特徴。蔵元の中村酒造場では「なかむら」の他に白麹を使用した。玉露 甕仙人の代表的な銘柄。玉露 甕仙人は契約栽培農家から積み取ってきたさつま芋をその日の内に加工処理したものを使用し、芋の新鮮さを損なう事無く生産されています。

金峰櫻井

明治38年創業に鹿児島県南さつま市の蔵元が造っている本格焼酎。白麹仕込みの焼酎と黒麹仕込みの焼酎ブレンドした芋焼酎。かつて蔵元が金峰町にあったことからこの名前がついています。開封後すぐに芋の香ばしい香りがし、どこか甘い香りが漂うのが特徴に思えます。櫻井酒造は家族経営の小さな蔵元ながら、厳選された原料の黄金千貫の皮や腐敗物を手作業で丹念に取り除き、雑味のない芳醇な味わいに仕上げています。

兼八

蔵元は、大分県宇佐市に大正8年に創業。初代兼八は各地に行商に行った際口にした焼酎の味が忘れられず、自ら焼酎造りを始めたそうです。現在では4代目と5代目が次いでいます。過度な精製を行わない様、現在でも自家製常圧蒸留器を用いての蒸留にこだわって造られた焼酎は正に絶品です。兼八、極み香、宇佐むぎ、などを作る四ツ谷酒造は、どれも少量生産のため、手に入りにくいプレミアム焼酎です。幻の兼八10年などは偽物も出回ったほどです。

選べる3つの買取方法

出張買取

■お電話・メールにてお問い合わせください。

訪問スケジュールを調整し、査定員がお客様ご指定場所までお伺いし、一点一点丁寧にお見積りし、査定金額を提示いたします。

詳しくはコチラ

宅配・郵送買取

■写真を お客様情報と共に下記メールにお送り下さい。

master@e-c-o-life.com

※メールをお送りいただいた後、査定金額をメールにて返信いたします。ご納得頂けましたら、メールに書かれている当店指定の配送先へ宅配でお送りください。

詳しくはコチラ

店頭持ち込み買取

■持込買取は、ご予約制です。

ホームページ、または、お電話・FAXにてご予約下さい。

■数量によって引取場所が異なりますので、必ずご連絡ください。

詳しくはコチラ

電話:0120-972-519 FAX:03-3780-2621

Menu

モ・エ・エ・シャンドン・高値買取中!
ルシャン-LeChamp お酒買取 見積無料!
 
QR お電話は、0120-972-519
メールで申込み
bags m95870h louis vuitton key m93542 .